効果的な駆除方法と駆除道具

効果的なハト駆除方法と駆除道具

効果的なハト駆除方法と駆除道具 ハト駆除について、ハトのふんは見ための不潔感と、悪臭がひどかったり、ダニやゴキブリなどの害虫の発生源になる。アレルギー物質や寄生虫、病原菌を媒介する。ふんに含まれる成分によい、金属を腐らせるなどです。
ハトは飛ぶことが出来るので、色々なものを媒介して、運んでくるのです。ハトの雰囲気は同じに場所に集中する傾向があります。たくさんの餌を食べるハトは、ふんの量も多く集団行動により複数で行動することも多いです。
そんな、ハト駆除の方法や道具について、ハトよけネットというものがあります。
しかし、隣のベランダからはいってきたりします。スパイク、室外機の上などに置いてみましょう。
ベランダに両面テープで固定するだけで、はとは止まる場所がなく、立ち去っていきます。ガーデニングや猫避けとしても使われています。釣り用のテグス、台所用フック、エポキシ系接着剤を用意しベランダ手すりに張ります。
張りかたは、ベランダの外側にハトが手すりに止まったとき首から胸にかけて糸がさわる程度の高さがよく、ハトにとっては不快に感じます。

ハト駆除に役立つ知識

ハト駆除に役立つ知識 ハトの被害は深刻な問題となっていますが、ハト駆除には知識が必要となります。しかも日本には鳥獣保護法があるために手が出せない状況があります。
そうなると残る方法としてはハトをなるべく寄せ付けないような努力をするしかありません。
ハトを寄せ付けないようにするには蛇や猫やカラスのダミーを置く方法があります。しかしハトは危険が無いと理解すると安心して寄ってきます。
従ってこの方法も一時的な効果に終わります。そこで最も効果的にハトを寄せ付けない方法としてはネットやテグスで囲ってしまうことです。できるだけ隙間が無いように設置しましょう。
またハト駆除で大事なことはハトの住みにくい場所にすることが大事です。特にハトに糞をされてしまった時は早急に掃除しましょう。
糞をした場所はハトが安心できる場所なので、優先的に寄って来るのです。ハトの糞は様々な感染病やアレルギー症状の原因となります。
ベランダなどは掃除をして清潔に保ちましょう。