ハトの駆除にかかる期間

ハト駆除に関する法律について

ハト駆除に関する法律について ハト駆除をする上で気をつけないといけない点は、「野生動物に区分されるため、自治体への許可なく捕獲したり殺傷したりできない」という点です。
ハトがいくらフンや騒音をまき散らしていても、基本的には「追い払う」以外の有効なハト駆除方法はありません。
国に定められた法律「鳥獣保護法」によると、対象となる野生の鳥類・哺乳類を許可なく捕獲したり、殺傷および損傷してしまった場合、軽犯罪法に触れて罰則が課せられます。
最悪の場合、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が課せられる可能性があります。
また、もうひとつ注意すべき点として、直接的に捕獲・殺傷しなくても、衰弱させる行為をわざと行ったり、過度な威嚇を行った場合も、違法行為となってしまう可能性があるということです。
ハトだけでなく、卵も法律によって守られており、破損したり採取・移動させる行為は禁止されています。
万が一捕獲を希望する場合は、狩猟免許を持った専門家が市区町村の自治体に正式な申請を行い、許可を得た上で実施しなければなりません。

ハト駆除で法律違反になるケースとは

ハト駆除で法律違反になるケースとは 現在鳥獣保護法により、ハト駆除は法律違反となります。
街中で良く見かけるドバトもこれにあたります。
また駆除の方法の仕方によっても法律に触れてしまう可能性があります。
例えば鳩を捕獲をしたり殺すことはもちろん、棒などを振り回して乱暴に追い払うと言った行為も、鳩を必要以上に脅かすと取られるので、法律違反になるのです。
鳩の卵を勝手に処分する事も出来ません。
処分をしないまでもどこかへ移動させる事も出来ません。
しかし鳩はベランダなどに住み着いてしまう事も多く、鳩の糞には有害な菌が含まれている事があり、乾燥すると細かい粒子状になり鳩の羽ばたきや風に乗って舞い上がり、呼吸器に吸い込まれて肺に影響を及ぼす場合もあるのです。
また鳩自体の体についているダニやノミにより、住人にアレルギー症状が現れる可能性は高いのです。
しかしそれでもハト駆除が出来ないとなると、一体どうしたら良いのでしょうか。
まずはお住いの自治体に相談をして下さい。
また、専門の鳩駆除の業者に頼む事も方法もあります。