ハトの駆除にかかる期間

ハト駆除をする時の心得

ハト駆除をする時の心得 「ベランダに干しておいた布団にハトがとまったりフンをしたりして困ってます。どうにかできないでしょうか。」など、今や全国中の住宅やビルなどでハトによる被害が発生しており、年々深刻化してきています。
どうにかハトを駆除できないものか悩んでいる方やこれから駆除をしようとしている方にハト駆除を行う時の心得をお話します。
まず、ハトは人間に感染させてしまう病気を持っており、人間が感染してしまうと「肺炎」や「髄膜炎」を起こしてしまいます。クリプトコッカスという菌がハトのフンの中に含まれており、このフンが乾燥して風などによって巻き上げられたりして人間が吸い込んでしまうと感染してしまいます。
ハトのそばに行くときやフンを片付けるときなど注意しなければいけません。
また、ハトに限らずカラスも含め鳥は「鳥獣保護法」で保護をされています。この法律で定められている鳥やその鳥の巣や卵に対して殺傷したり罠を掛けて捕まえたりすると犯罪になってしまうということです。
ハト駆除を行う場合は、ハトが近づけないようにシートを張ったり、音やストロボなどの光のようにハトを傷つけないように心得ておかなければなりません。

ハト駆除が終わるまでにかかる期間

ハト駆除が終わるまでにかかる期間 例えば鳩が畑と家の屋根へ飛んできていて、毎朝糞を落とすため迷惑だと感じていたとします。その時に業者に依頼をすると、最初は家の屋根に上って、落ちている糞を綺麗に除去してくれます。
次に業者は、忌避剤と蛇の玩具を使ってハト駆除を開始します。
畑に来る鳩への対策は、畑の周囲に蛇の玩具を設置する方法があります。ハト駆除が終わるまでにかかる期間は、数日ほどですが、鳩が玩具だと知ると再び下りてくる可能性があります。下りてくる場合は、脚立を用いて高所に上がり上空へ忌避剤を撒いて対応します。
屋根に飛んでくる鳩は、業者自身が屋根に上り上空へ忌避剤を撒いて追い払います。忌避剤は人間には無害ですが、鳩が香りを吸うと不快な気持ちになってくるため、すぐにその場を飛び去る確率が高いです。
ただ、風が強いと効果が薄れるので、その度に忌避剤を撒く必要があります。ハト駆除が終わるまでにかかる期間は、早ければ1時間ですが再び来ることもあるので注意です。